oykot cafe 【オイコット・カフェ】


ジュエリー工房oykotの気ままなつぶやきです
by oykot_cafe

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4月誕生石「ダイアモンド」

4月の誕生石「ダイアモンド」をご紹介します。

ダイアモンド(Diamond) 和名:金剛石
名前の由来:ギリシア語「adamazein」(征服されない)
色:無色~イエロー、ブラウン、ブラック、ピンク、ブルー、レッド
モース硬度:10
☆宝石言葉:純粋無垢、永遠の絆

変わらぬ美しさと、不屈の精神を象徴する石といわれ、まばゆい輝きを放ちながら、宝石界の頂点に君臨し続けるダイアモンド。
その上品で遠くまで届く輝きは、女性に知的さと優雅さ、控えめな色っぽさをプラスしてくれる、何にも代えがたいとてもすばらしい宝石です。

そんな素敵な宝石をさらに身近なものにできるように、ダイアモンドのグレード評価基準である「4C」に基づき、ダイアモンドの希少性や価値などについて、簡単にご説明したいと思います。
なお、ご存じの方も多いかと思いますが、「4C」の詳細に関しては、oykotの「品質のお約束」ページで詳細を記載してありますので、ぜひご参照になってください。
http://oykot-japan.com/commitment/quality.html

4Cは「カラー(色)」「カット(形)」「クラリティ(内包物)」「カラット(大きさ)」で構成されており、それぞれの要素が組み合わさってそれぞれの石の希少価値が評価されます。

そのダイアモンドの値段を左右する一番大きな要素は「カラット」と「クラリティ」と言えると思います。

まずは同じクオリティのダイヤでも「カラット」つまり、「大きさ」が一回り違うだけで何倍にもなったりします。
小さいサイズでの価格差はあまりないのですが、大きくなればなるほど、少し大きくなるだけでグンと値が上がります。例えば、業界的に「マジックプライス」というのですが、1ctを超えるか超えないかで、かなり大きく差が出てきます。

そして、大きな石になればなるほど、「クラリティ」のグレードが一つあがるだけでグンとお値段が跳ねあがります。
例えば、色味やカットのグレードが最高級の、1ctのVVSのダイヤがIFになると百万単位で値段が変わってくることもあるのです。それだけ希少価値が高い、ということですね。
ただ、このクラリティに関してはVS以上であれば、ほぼ専門家以外の方は見分けがつかないため、外見よりは、自分自身、あるいは贈る人の気の持ちようが大きいと言えます。

「カット」と「カラー」も、もちろん価格を左右する大事な要素ですが、上記の2つほどは、1グレードにおける大幅な価格の差はないと言えます。

ただ、見た目の問題で、「カット」は非常に重要なポイントです。
いくら大きくてクラリティグレードが良くても、カットが悪いとほとんど輝かず、魅力を半減させてしまいます。また、カットによっては高さばかりが出て、一番重要な真上から見える円の面積が小さく、実際のctよりも小さいもののように感じてしまうものもあります。
なので、原則oykotではカットは最高級のexcellentを使用しています。

残った「カラー」ですが、こちらもやはり最高級のDカラーは希少性が高く、EとFの違いよりもDとEの違いの方が値は大きく変わります。
ただ、カラーは個人的な好みで、良い悪い、という見方はしなくていいと考えています。
特にゴールドを使った作品であれば、色味もかなり緩和され、ほとんど黄色味がわからなくなりますし、逆に黄色味がかったダイアモンドの方がゴールドとよくなじみ、やわらかい仕上がりになるともいう見方もできます。
oykotは基本的にメレダイヤはGカラー以上のものを使用しておりますが、メインの石に関しては、ご予算に応じて幅広くご提案させていただいております。
d0239862_23484549.jpg

ちなみに、こちらの作品は Very Light Yellowのカラーで、アルファベットにするとN~Rの間になりますが、ゴールドの枠に収めると、ほとんど黄色味がわかりません。

もちろん、大きくて、クラリティもカラーもカットもトップのグレードのものにできれば最高ですが、ご予算に応じて、
プラチナ枠だから、大きさはちょっと控えめでも、カラーとクラリティはこだわりたい・・、
ゴールド枠に留めるから、多少カラーは黄色味があっても一回り大きなものにしよう・・、
などといった柔軟な考え方ができればさらにダイアモンドが身近になると思います。

さらに、ラウンドと言われる一般的な丸型のダイアがダントツ人気で価格も高いのですが、オーバル(楕円)やスクエア(四角)、ペアシェイプ(しずく型)カットなどは同じクオリティでも少し価格帯が低くなっているため、「シェイプ」を考慮するのも有効的です。
d0239862_23493099.jpg

なお、ご参考までに、写真中央ラウンドがDカラーで右のオーバルがMカラーのダイアモンド、左のペアシェイプと中央のラウンドが0.5ctでほぼ同じ大きさのものです。

また、カラーダイアモンドの価値としては、レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ブラウン・ブラックの順に高く評価され、天然のものには驚くほどの価格がつけられます。
ただ、近年は処理されたカラーダイアモンドがほとんどで、よく情報を確かめることをお勧めします。

人々を魅了してやまないダイアモンドは一生モノとして十二分の価値を持っています。

すこしでも良いグレードの、本当に納得して身に着けられるものを・・・、と願うことから、oykotでは国内外の独自のルートで高品質のダイヤモンドの仕入れをしており、グレードによっては、デパート価格の2分の1以下でのご提供が実現しています。もちろん、GIAもしくはAGTの鑑定付です。
ぜひ一度ご相談ください。

あなたの人生に、永遠の輝きを・・・!
by oykot_cafe | 2012-04-30 23:38 | 宝石マメ知識

かまくらRing

先日HPにUPした、ちょっとお茶目な新作をご紹介します。

以前ブログで打ち合わせのことを掲載した北海道出身の方の結婚指輪なのですが、
題して
「Kamakura Ring」。
d0239862_9361887.jpg

お二人のほっこりとした温かさと、包み込むような優しさを表現したくて、デザインした作品です。

マットな仕上げにダイヤをちりばめ、小雪が舞っているイメージに加え、
なんといっても、大きなかまくらのなかに小さなかまくらがすっぽり入るのがポイント!
サイズ感と言い、かなり難易度の高い、フルオーダーならではの作品です。
d0239862_937076.jpg

オーダーしてくださったご夫婦も、とても気に入っていただけたようで、なんとお母さまからのメールを転送してくださいました★

家族ぐるみで、私もほっこり温かい気持ちになれました。
by oykot_cafe | 2012-04-23 09:37 | jewelry作品

SPINGLE MOVE

春なので。
お散歩がちょっと楽しくなるような、スニーカーを購入しました。
d0239862_9263957.jpg

SPINGLE MOVEというメーカ―で、本皮を使い、広島の職人さんが手作りでつくっているモノです。
職人技に弱い私。
でもさすが、しなやかで足にフィットするし、デザインもオシャレなので、お気に入りの一品です。

春を思いきり楽しんでみようと思います。
by oykot_cafe | 2012-04-19 20:19 | デザイングッズ

新作UPしました★

サクラがどこも満開ですね。

ついに春の到来、やはりウキウキしてしまいます。

昨夜、oykotのHPにフルオーダーの新作4点をUPしました。
d0239862_9541031.jpg

http://oykot-japan.com/collection/collection129.html

ぜひご覧になってみてくださいね。
by oykot_cafe | 2012-04-09 09:55 | jewelry作品

愛車リング

先日納品したエンゲージリングをご紹介します。

題して、Lovehicle ★
d0239862_22521612.jpg

3年間お付き合いした彼女の誕生日にプロポーズ。

3月生まれなので、誕生石のアクアマリンを使いたいとのご要望をいただいたので、
思考錯誤した結果、個性あふれる作品が完成しました。

ずばり、二人の愛車をモチーフに!
d0239862_22524720.jpg

メインには上質なアクアマリンを使用し、タイヤ部分にダイヤを埋め込みました。

ちなみにモデルになったのは、こちらの車。
d0239862_225371.jpg

んんん、格好いい!
私もこんなタフな車に乗って、サバンナを横断してみたいです。

そして、何より今回感銘を受けたのは。

オーダーしてくださったのが、平成生まれの21歳の方!
婚約指輪はいらないと言われたけれど、サプライズで彼女に、と一生懸命思いを伝えてくださいました。

結婚には若すぎる、と思われがちですが、将来のビジョンもきちんと持っていて、日本の将来もまだまだ期待できるなあ、と、代表ともども心底感心させられた、素敵な出会いでした。
by oykot_cafe | 2012-04-03 22:56 | jewelry作品


最新の記事
海に浮くチャペル
at 2017-05-19 12:11
久々の投稿になってしまいまし..
at 2017-05-12 09:39
2016年もよろしくおねがい..
at 2016-01-01 10:23
From Kyoto
at 2015-10-26 00:58
オイコット7周年です
at 2015-08-11 08:03
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧